aws導入後の運用コストを最適化する方法

awsは多くの企業で導入され注目を集めていますが、最も大事なのは運用後のコストです。せっかくawsを導入しても毎月かかるランニングコストに圧迫されてしまっては意味がありません。

高いのが当たり前ではなく、運用方法が最適でないためコストが高くついてしまっているだけなのです。awsの運用コストを最適化する方法を紹介します。

awsのconfigを使う意味を理解して運用方法を考えよう

awsのコスト構造

awsはアマゾンが提供するクラウドサービスです。汎用性そして柔軟性があるため、機能がとても充実しており効率化を実現できるツールの一つとして多くの企業で取り入れています。自社内にサーバーを立てる必要性がないためイニシャルにかかるコストを抑えることができるため、導入時の敷居を低くすることができますが、実際に大事なのは運用を開始したあとのランニングコストです。

毎月かかる費用が莫大になれば、自社サーバーを備えるよりコスト増につながってしまいます。クラウドのメリットを活かしつつコストダウンも実現するのが賢い方法です。そのためにはawsのコスト構造を理解しておく事が必要です。

オンプレミスではサーバーなどの機器代金に加えて場所代や保守費用などがかかりますが、クラウドサービスの場合には、コンピューティング費用とストレージ費用、そしてネットワーク費用の3つだけです。コンピューティング費用やストレージ費用はサーバー容量などに該当するコストになり、ネットワーク費用は利用した分にかかる従量課金コストです。

特にネットワーク費用は利用状況によって上下変動が大きく、クラウドのコストの大多数を占めるランニングコストです。自社でawsを利用する際にはどの程度の利用があるのかを見極めることが、コストコントロールを行う第一歩になります。

awsの運用における保守の意味と三つの基本


awsの運用コストはランニングをメインで考える

awsを構築する際には初期利用費用や開発費用などがかかりますが、オンプレミスで行うよりは格段に安いコストで実現することができます。しかし実際にコストとして抑えておきたいのは、運用開始後にクラウドネットワークにどれだけアクセスしたかによって決まる従量課金制度のネットワーク費用です。

単純にawsに社員個人が日に数度アクセスするだけであれば気にする費用にはなりませんが、実際には既存のシステムとの連携などを実装する事により24時間体制でデータのやりとりを行うのが実態です。接続規模が大きければ大きいほどネットワークアクセスが大きくなり、比例してコストが跳ね上がります。

awsは様々なデータ連係を行ったり、ユーザー向けのECサイトなどの構築を容易に実現する事が可能ですが、そこにかかるランニングコストは全く別物です。導入後の失敗事例として多いのも収益に見合わない多大なコストがかかることで経営を圧迫する事になり、最終的にサービスや機能を停止せざるを得ないケースがあります。

その多くは目に見えないクラウドサービスのオーバースペック契約によるものであり、クラウドならではの需要に応じた容量選択をこまめに行う事で回避できる問題でもあります。

従量課金制のaws運用コストを視覚化する

awsの運用コストを管理したい場合には、毎月かかる運用コストを視覚化する事が大事なポイントです。クラウドの契約は範囲を自由に選択することができるため余裕を見過ぎてオーバースペックになりがちです。需要と見合わせた契約をこまめに行う事がコスト管理の第一歩です。

まずは請求書のチェックから始めます。使った記憶のないサービスや使わないはずのリージョンなど無駄なコストが発生していないかを、一つ一つ確認することがコスト増を水際で食い止める方法です。インスタンスの追加などはエンジニア単位で簡単に行う事ができるため、サービス拡充のタイミングで実装している可能性もあります。

それに気づかないで利用しないサービスに無駄なコストを払い続けることを防止できます。またコスト把握を行う便利なツールなどの活用もおすすめです。Cost Exploreは請求状態をグラフで視覚的に見ることができる他、CSV形式などで詳細情報を出力する事もできます。

また、急激に跳ね上がるコストに請求アラームを利用し、アラートを出すように設定しておくことも方法です。いずれにしても毎月かかるawsのコストをしっかりと経営が把握し、正しいコストになっているかを確認する事を怠ってはならないのです。

awsの運用コストを抑える手法

コストの無駄やムラを省いても、ユーザー数の増加や機能の拡充によりネットワーク費用は比例して増加します。次にawsの運用コストを圧縮する方法を賢く利用します。アマゾンが提供しているリザーブドインスタンスは予約前払い制度であり、30%から50%程度の割引制度を受けることができる画期的なサービスです。

一度前払いした費用の返還は行っていないため、毎月一定のコストがかかることが事前に把握できているのであれば、是非利用をおすすめします。割引制度は各種サービスに用意されているため、知らずに損をしたということがないように日頃から営業などと情報連携を密にしておくことが大事です。

技術的な側面でのコスト削減方法としてストレージのデータの保存先の変更などがあります。使用しているリソースをこまめにチェックし、利用していないストレージは容量を小さくし最適化する、自動データバックアップを最低限に変更するなど工夫を重ねることでコストを抑えることができます。

アーカイブ専用の格安で提供しているストレージに、保管期限のために利用しているデータなどを移行する仕組みを取り入れる事でストレージ全体のコストを最適化することも可能です。


コスト意識を持ったaws運用方法

awsは便利で機能の拡充を早期に実現できるメリットを持つ反面、コストも比例して無限大に高くなる性質を持っています。目に見えないサービスだからこそ適正金額が見えにくく見過ごしてしまうこともありがちです。そのため、awsの運用においてはコスト意識を高く持って臨む事が大事なポイントです。

コスト意識は経営視点だけで語られる事が多いのですが、インスタンスやデータに毎日接触しているエンジニアなど現場のスタッフも同じ観点を持つことが大事です。

ストレージの容量や最適化の方法は経営者の観点からは思いつきにくい方法です。しかしエンジニア観点ではすぐに思いつく内容であり、全スタッフがコスト意識を持つことで大幅なコスト削減を実現できることにつながります。

コスト意識を持つことでawsの運用費用を最適化できる

機能向上や効率化を実現できるawsの導入は、コストを最適化できてこそ本当の意味で導入に成功したと言えます。aws導入後に放置していると費用は莫大に増えるばかりでゆくゆくはコストに圧迫されてしまいます。awsの毎月の請求書の確認や、エンジニア視点での利用の最適化をこまめに行う事でawsの運用コストの最適化も簡単に実現させることができます。